医師が教える貧血のお悩み改善ガイドHOME » 貧血対策に必要な鉄分以外の栄養素 » カルシウム

カルシウム

ここでは、カルシウムが貧血改善にもたらす効果や1日にどれくらい摂取しておけば良いのかをまとめています。

カルシウムで貧血改善!効果効能をチェック

骨や歯などを形成しているカルシウムは、体に重要なミネラルのひとつで血液中や脳、心臓などにも存在しており身体の生理機能にも深く関わっています。

カルシウムは体内の中で最も多いミネラルで、体重の2%程を占めていてそのうちの99%が骨や歯に存在しており、残りの1%が血液や神経、筋肉などの機能に関与しています。

摂取したカルシウムは小腸から吸収されて血中に流れていきますが、残りは骨に蓄積されており、血中のカルシウム濃度が低下すると骨に貯蔵されていたものが放出されるようになっています。

しかし、カルシウムは毎日300~600mgが尿などで体外へと排出されてしまうため、いくら骨に蓄えられているからと安心せずに、毎日しっかりと補給しなければなりません。

鉄分との相乗効果とは

カルシウムは鉄の吸収を妨げてしまうと言われていますが、同じ食品に鉄とカルシウムが含有しているものもあるので、同時に過剰摂取しない限り阻害するということはありません。

むしろ、吸収率を高めてくれる食品を意識して摂るように心掛けましょう。

ただし、サプリメントなどでこれら2つの栄養素を別々に補うという場合は、時間を空けてから摂取するといいと思います。

多く含まれている食品

カルシウムと言えば代表的な食品が牛乳で、最もカルシウムが豊富に含まれておりコップ1杯(200ml)で220mgを摂取することが出来ます。

カルシウムの1日の摂取推奨量は、成人男性が800mgで女性は650mgとなっており、より効率よく摂るためには、カルシウムの吸収率を高めてくれるしいたけやマグロなどに含有しているビタミンDや、大豆などに含まれているマグネシウムなどと一緒に摂取するようにするのがポイント!

牛乳は好き嫌いも多く体質的に飲むことが出来ないといった方もいるため、チーズやヨーグルトといった乳製品や、骨ごと食べることが出来る小魚など牛乳以外の食品で多くカルシウムが含まれているものを選んで、1度にまかなおうとせず上手に毎日の食事に取り入れるようにしながら補うようにしましょう。

【免責事項】
当サイトは医師の監修の下、貧血にかんする知識を掲載しております。
掲載しているサプリメントが、貧血改善に効果的だと提言する意図はございません。各商品の詳細な情報は、メーカーへの問合せをお願いいたします。
pagetop