医師が教える貧血のお悩み改善ガイドHOME » 貧血対策に必要な鉄分以外の栄養素 » ビタミンB12

ビタミンB12

ここでは、ビタミンB12が貧血改善にどう役立つのかを解説しながら、ビタミンB12が多く含有している食品なども紹介しています。

ビタミンB12と貧血の関係をリサーチ

ビタミンB12は赤血球の形成やタンパク質の合成、神経細胞の修復などを行っている大事な栄養素で、息切れや動悸、倦怠感、神経症状として手足のしびれやうつ状態などが現れる悪性貧血に効果のあるビタミンとしても注目されています。

貧血の多くは鉄不足が原因と言われていますが、悪性貧血はビタミンB12が不足して赤血球が上手く生成されなくなることで発症してしまう貧血で、鉄分を補給しても貧血の症状が治まらない場合は悪性貧血の可能性があります。

ビタミンB12は体内にある腸内細菌や微生物によって作られており、肝臓に蓄えられているため、欠乏してしまうことはほとんどありませんが、ベジタリアンなど極端な偏食傾向のある人や、胃や腸を手術で切除した方は不足する可能性があるので、注意しなければなりません。

鉄分との相乗効果とは

赤血球を合成させて造血するためには、鉄分とビタミンB12が欠かせません。

正常な赤血球が作られないと、新たな赤血球の増殖に異常をきたしてしまい、身体にさまざまな障害が起こる原因となってしまうので、ビタミンB12も鉄と一緒に摂取しておきたい栄養素のひとつ。

造血細胞を活発にしてくれるビタミンB12は、貧血予防だけでなく身体の隅々で働いているので、集中力や記憶力の向上、精神安定にも役立つと言われているので、積極的に摂っておきたいビタミンです。

多く含まれている食品

牡蠣などの魚介類やレバーといった動物性食品に多く含まれており、果物や野菜など植物性食品にはほとんど含まれていません。1日の摂取推奨量は、成人男性・女性ともに2.4μgとなっています。

ビタミンB12は水溶性ビタミンで、光や空気によって酸化してしまいますが、熱に対しては比較的強い性質を持っているので、食材を加熱してもそれほど栄養を損なうことがなく、他のビタミンと違って水に溶けやすいというわけでもないので、調理してもしっかりと摂取することが出来ます。

【免責事項】
当サイトは医師の監修の下、貧血にかんする知識を掲載しております。
掲載しているサプリメントが、貧血改善に効果的だと提言する意図はございません。各商品の詳細な情報は、メーカーへの問合せをお願いいたします。
pagetop