医師が教える貧血のお悩み改善ガイドHOME » 医師が教える貧血改善のための知識

医師が教える貧血改善のための知識

貧血でお悩みの方は必見!このカテゴリでは、数々の貧血症状を診察してきた先生が貧血改善の基礎知識や貧血に役立つ情報をアドバイスしています。

先生教えて!貧血改善徹底ナビ~あなたのお悩みはどれ?~

貧血は身体のSOSのサイン!症状には個人差があるので、自己判断せずにしっかりと正しい知識を身につけて自分の体調管理を1度見直してみてはいかがでしょうか。

貧血に関するさまざまな疑問をまとめてみました。各ページで先生が詳しく解説してくれているので、参考にして欲しいと思います。

どうして貧血の症状がでるの?

食生活による鉄不足や出血などによって起こってしまう貧血。

貧血の症状はハッキリとしたものがないので、軽度なものから重度のものまでさまざま。軽度の場合は貧血と気づかずにそのまま生活している人も多いので、体調がおかしいと感じたら早めに改善することが大切!

そもそも貧血とは身体でどのようなことが起きているのか、貧血のメカニズムと主な症状をまとめているので、セルフチェックして欲しいと思います。

症状がでたときの応急処置の方法は?

人によって貧血は、身動きが取れなくなるほど深刻な状態に陥ります。

突然、立ちくらみやめまいなどの貧血の症状に見舞われてしまった場合にどのような対処をすればよいのか、貧血患者と居合わせた人の双方の立場で解説しています。

処置が遅れてしまうと、早期回復が困難になり身体にも負担がかかってしまうので、貧血になった人はもちろん、発見した人も迅速な対処が出来るように応急処置をマスターしておきましょう。

貧血が悪化するとどうなるの?

貧血は病気のサインとも言われている程、実は怖い病気の前兆だったりする場合もあるので放置は禁物!

貧血が起こっても直ぐに症状が改善してしまうから、あまり深刻に考えていない人も多いかもしれませんが、慢性化している人は既に症状が悪化している可能性もあるので、深刻な状態になる前にしっかりと対策を行っていく必要があります。

貧血を放っておくと身体にどのような影響があるのか、よく確認しておきましょう。

妊娠・育乳中に貧血になるのはなぜ?

妊娠中の貧血は妊婦さんだけでなく、お腹にいる胎児や出産時にも大きな影響を及ぼすので、きちんとケアをして行かなければなりません。

妊婦さんの40%近くは貧血というデータもあるくらい、妊娠中は胎児にも栄養と酸素を与え続けるために血液を多く造り出しているので、特に貧血になりやすい傾向にあります。

また、産後も母乳を作り出すために血液が多く必要となるので、貧血に陥りやすくなるため、どのような対処をしておけばよいのか把握しておきましょう。

改善するための食事方法は?

貧血を予防するためには、鉄分を多く含んだ食事を3食きちんと摂取するのがベスト!

どのような食材に鉄分が多く含まれているのか含有量などを紹介しながら、効率的に鉄分を摂るための栄養バランスや組み合わせといった理想的な食生活などもまとめています。

また、食生活が不安定な人やバランスの取れた食事を毎日継続するのが難しいという人にオススメの摂取方法もアドバイスしているので、参考にして欲しいと思います。

食事以外に気を付けることは?

食事改善の他にも、普段の何気ない生活習慣を見直すだけで簡単に出来る貧血対策法をいくつか紹介しています。

食事は気にしていたけど生活習慣までは意識していなかった・・・という方は必見!

まずは自分の出来る範囲のことから始めてみることが大切なので、毎日のちょっとした心掛けで貧血予防に繋がる予防法ばかりなので、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

隠れ貧血ってなに?

血液検査も正常値で貧血の目立った自覚症状が無いのに、隠れて進行している「隠れ貧血」何と女性の約60%が該当しているのだとか。

実は、この隠れ貧血が近年増えてきており、深刻な問題となっているそうです。

原因は色々とあるようですが、なんだか疲れやすいと感じている人、食欲不振や肌荒れが気になるなど、思い当たる人は隠れ貧血度リストなどもあるので、要チェック!貧血の早期発見に役立つかも知れません。

【免責事項】
当サイトは医師の監修の下、貧血にかんする知識を掲載しております。
掲載しているサプリメントが、貧血改善に効果的だと提言する意図はございません。各商品の詳細な情報は、メーカーへの問合せをお願いいたします。
pagetop