医師が教える貧血のお悩み改善ガイドHOME » 貧血改善のキーワード鉄分に迫る » ヘム鉄と非ヘム鉄とは

ヘム鉄と非ヘム鉄とは

伊藤史子

サイト監修:あやこいとうクリニック 伊藤史子先生

鉄分サプリメントに使用されるヘム鉄と非ヘム鉄について解説しています。それぞれの特徴をご紹介しながら、どのような効果をもたらすのかを見ていきましょう。

  • ヘム鉄=動物由来→胃に優しく、吸収が良い
  • 非ヘム鉄=植物由来→ヒトに使うならアレンジが必要

動物性のヘム鉄の効果

動物性に化合された状態のヘム鉄は、胃の負担が少なく吸収に優れています。最初から人間の体内で使えるカタチであるため、摂取するにも便利な鉄と言えるでしょう。

ヘム鉄の仲間には、ヘモグロビンとミオグロビンという2種類の物質があります。ヘモグロビンは酸素と結合することによって、体中の筋肉組織に酸素を供給する役割があります。また、ミオグロビンも酸素と結びつくことで、筋肉組織の中に酸素を蓄える役割を担っています。赤みの肉や魚の中に鉄分が多く含まれているのは、ヘム鉄を含むミオグロビンが豊富にあるためです。

またヘム鉄は、ポルフィリン複合体という物質に囲まれているため、胃壁や腸管を荒らさず、食物繊維やタンニンなどの吸収阻害を受けません。さらに、ヘムオキシゲナーゼという物質が吸収量を調節してくれるため、鉄の過剰摂取の心配がなく、非常に体にやさしい鉄素材だといえます。

鉄分サプリメントを選ぶ場合は、このヘム鉄が配合されたものから選ぶべきだと言えます。

植物性の非ヘム鉄の効果

植物性の鉄は非ヘム鉄と呼ばれます。これは胃酸などの酸が存在しない限り、食物繊維やタンニンなどの成分に吸収阻害を受けたり、胃壁や腸管をあらしてしまう恐れがあります。

胃酸の分泌が悪い方は、ビタミンCやフルーツ酢などの酸性物質と一緒に摂取する方が、吸収率が上がります。

また、植物用の鉄である非ヘム鉄を、動物用のヘム鉄へ体内でアレンジするには手間が多くかかります。非ヘム鉄を人間用に化合するために必要なタンパク質を、一緒に摂取するようにしてください。

そして非ヘム鉄にはヘムオキシゲナーゼが含まれていないため、過剰摂取の危険性があります。通常の食事程度では過剰摂取になることはありませんが、非ヘム鉄を含有したサプリメントを使用する際は、必要量を守るようにしましょう。

【免責事項】
当サイトは医師の監修の下、貧血にかんする知識を掲載しております。
掲載しているサプリメントが、貧血改善に効果的だと提言する意図はございません。各商品の詳細な情報は、メーカーへの問合せをお願いいたします。
pagetop