医師が教える貧血のお悩み改善ガイドHOME » 貧血改善のキーワード鉄分に迫る » 鉄分と血液の関係

鉄分と血液の関係

伊藤史子

サイト監修:あやこいとうクリニック 伊藤史子先生

鉄分と血液の関係を説明します。血清鉄とは何か、どの程度の値が平常といわれているのか、貧血の方は血清鉄がどのような状態なのかなど解説します。

  • 血清鉄の基準値(成人の場合):50~200μg/dl
    これより上昇すると:再生不良性貧血、巨赤芽球性貧血、鉄過剰
    これより低下すると:鉄欠乏性貧血

血液の中に含まれる鉄、血清鉄とは?

血清鉄とは、血液の血清成分中に含まれる鉄分のことを指します。この血清鉄が酸素運搬機能の要となるヘモグロビンの材料となるのです。

貯蔵鉄が出番を待つ留守番組の鉄だとすれば、血清鉄は仕事場へ向けて出勤中の鉄とでも申しましょうか。体の健康・体調の維持に直結している鉄分なのです。

血清鉄の基準値

血液中の血清鉄がどれほど含まれているのかを調べるために、健康診断で計る場合、MCV(平均赤血球容積)などと同様に血液検査で測定されます。

成人男性、成人女性それぞれの血清鉄の基準値は以下の通りです。

性別 基準値
男性 60~210μg/dl
女性 50~170μg/dl

この血清鉄の値が基準より高かった場合、以下の疾病が疑われます。

  • 巨赤芽球性貧血
  • 再生不良性貧血
  • ヘモクロマトーシス(鉄過剰←肝炎などによる)

この血清鉄の値が基準より低かった場合、以下の疾病が疑われます。

  • 鉄欠乏性貧血
  • 慢性炎症
  • 多血症

月経を有する年代の女性では、毎月1回の月経によって、20~30mgの鉄分が失われます。また生理の有無に関係なく、成人の男女ともに日々、1mgの鉄が、汗、尿、便から失われています。

さらにダイエットや好き嫌いによる栄養バランス崩れから、血清鉄の不足によって貧血を指摘される方は多いと思います。鉄分が不足している場合は、肉や魚、ホウレン草やひじきなどを積極的に食べるようにしましょう。

朝と夜で約2倍の差が生じる血清鉄

血清鉄の値は1日の内に大きく変動し、健康な方でも、10時と22時では血清鉄の量に約2倍の差があるといわれています。

健康診断は陽が昇っている明るいうちに行われますが、時間によってその値は変わってくるということを認識しておきましょう。

【免責事項】
当サイトは医師の監修の下、貧血にかんする知識を掲載しております。
掲載しているサプリメントが、貧血改善に効果的だと提言する意図はございません。各商品の詳細な情報は、メーカーへの問合せをお願いいたします。
pagetop