医師が教える貧血のお悩み改善ガイドHOME » 貧血の種類とその原因

貧血の種類とその原因

ここでは、貧血の種類別の原因や症状、改善方法などをドクターが解説しています。

原因・タイプ別の貧血対処法をドクターが解説!

一口に貧血といっても、さまざまな種類があるのを知っていますか。

自分の貧血はどのタイプなのかを知っておくことで、その貧血に合った正しい対処を行うことが出来ると思うので、しっかりとチェックして欲しいと思います。

ここでは、主な貧血のタイプを3つに分類してドクターが解説しているので、参考にしてみてくださいね。

鉄分不足の貧血

貧血の80~90%を占め、最も多くの人が抱えている一般的な貧血です。

体内の鉄不足によって引き起こされることから「鉄欠乏性貧血」と呼ばれており、

ダイエットや不規則な食生活による鉄分の摂取不足だけでなく、妊娠や授乳などで鉄分の必要量が増加したりすることも原因と考えられています。

まず一時的な貧血の場合は、食生活の見直しや効率的に摂取出来るサプリメントなどを活用してみるのがオススメです。

出血による貧血

月経や切迫、帝王切開などの出産などによって継続的に出血した時に、酸素が供給されなくなるため起こる貧血で、血液不足によってめまいや立ちくらみといった症状があらわれます。

経血の量が非常に多い人や酷い月経痛などを伴っている人は、比較的起こりやすい傾向にあります。

軽度なものは鉄分を補うことで症状が緩和するかも知れませんが、あまりにも重い症状の場合は1度専門機関を受診しましょう。

病気による貧血

胃がんや大腸がん、十二指腸潰瘍といった病気も貧血症状があらわれるので、要注意!

何かの病気で貧血が起きている可能性もあるので、貧血が頻繁に起こっている人は、根本的な原因をハッキリとさせておいた方がいいと思います。

中でも、日本人に多いといわれている「再生不良性貧血」は、血液を作る骨髄そのものに異常が起こって発症するものなので、早期に発見し治療をすすめる必要があります。

【免責事項】
当サイトは医師の監修の下、貧血にかんする知識を掲載しております。
掲載しているサプリメントが、貧血改善に効果的だと提言する意図はございません。各商品の詳細な情報は、メーカーへの問合せをお願いいたします。
pagetop